【エイガノオト】不朽の名作映画音楽レビューサイト

1960年代~1970年代の作品を中心に、懐かしの名作映画とそのサウンドトラックを紹介しています。

「アラン・ドロンのゾロ」は仮面ライダー世代の琴線に触れる

こんにちは、鳥居遊邦です。

今回ご紹介する作品は「アラン・ドロンのゾロ」です。

025アラン・ドロンのゾロ


 総督に任命されたものの、任地への到着前に殺された友人。
その友人の名前を語り、代わりに赴任して暴れまわるという作品です。舞台設定はスペイン領の新大陸。任地では軍隊が好き勝手、そのせいで農民は困窮しています。
表の顔は無能な総督ですが、もう一つの顔ではこの地に伝わる伝説のキツネ(=ゾロ)となり、剣で悪を切っていきます。

<アラン・ドロンの主演第50作目>
 役者の主演作の数え方というものは決まっていませんが、日本公開時にはチラシや映画紹介番組、新聞の広告にすべて「アラン・ドロン主演第50作記念作品」という宣伝文句が謳われていました。
じゃあ、初主演作品は?と聞かれると「太陽がいっぱい」と答えてしまいがちですが、違います。たぶん1959年に日本で公開された「恋ひとすじに」です。「たぶん」としたのは、出演者ロールの何番目までなら主演と言えるのかという明白なルールがないからです。

<サウンドトラック>
 仏伊合作映画で撮影はスペイン、言語はイタリア語。
まるでマカロニウエスタンですが、作品のテイストもマカロニウエスタン風です。アルバム全般に流れる雰囲気はメキシコっぽいですが、サウンドトラックは英語のタイトルが並び、主題歌「Zorro Is Back」も英語で歌われています。主題歌を歌うオリバ・オニオンズは、サウンドトラックの作曲者兄弟のユニット名です。

 軽快な主題歌は作品中でも何度か使われますが、剣の達人が舞うように戦うシークエンスにはピッタリの曲です。私の周囲でもこの曲を覚えている人は少なくないのですが、日本のCMなどには使われませんね。広告製作者は流行しか知らないから、仕方ないかも知れません。

<意外なインスパイア>
 イリヤ・サルキンドといってもご存知ないと思いますが、映画製作者です。
彼はこの作品を観て、「スーパーマン」の映画化を思いついたとのことです。イリヤ・サルキンドはその前にも「三銃士」「四銃士」を製作しているので、チャンバラが好きなんでしょうね。主役を演じたアラン・ドロンも、かつて主役を演じた「黒いチューリップ」の軽快なチャンバラが心地よかったので、このような作品の出演をリクエストしていたようです。

<この映画のDVDはこちらで購入できます>


<サントラをYouTubeで試聴する>


「アラン・ドロンのゾロ」(1975) Zorro
監督:ドゥッチョ・テッサリ
作曲:グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス
出演:アラン・ドロン/オッタビア・ピッコロ/スタンリー・ベイカー

「サウンド・オブ・ミュージック」の自分で買った初めてのLPレコード

今回ご紹介する作品は「サウンド・オブ・ミュージック」です。

024サウンド・オブ・ミュージック

 オーストリア海軍の退役大佐と尼僧の恋を描いた、ミュージカルの名作です。
え?オーストリアには海がないだろって? 地理に強いあなたのツッコミは間違ってはいませんが、第一次世界大戦で手放すまではクロアチアやスロベニア、あるいは現在はイタリアの港であるトリエステなどはオーストリアの領土でした。つまり国の南西部分はアドリア海に面する国でした。

 愛国的な大佐は、ナチスドイツに併合された故国を捨て、家族と共にオーストリアから去るシークエンスで映画は終わります。実話に基づいた話ですが、大幅な脚色がなされていると聞いています。

<一番最初に買ったレコード>
 1970年代の半ばのリバイバル上映を劇場で観る機会に恵まれた私が、最初に買ったLPレコードがこのサウンドトラックです。
家にステレオがないのに買ってしまったので(笑)、近所の友人の家でよく聴いていました。その友人もこの映画のファンになりましたよ。

 オリジナルはブロードウェイミュージカルです。映画化のために、「Something Good」と「I Have Confidence In Me」の2曲が追加されています。
 アカデミー賞は編曲賞を受賞していますが、舞台の映画であったため、作曲賞にはノミネートされていません。他にも作品賞・監督賞・編集賞・録音賞を受賞しています。残念ながら主演女優賞は逸して、ジュリー・アンドリュースの二年連続主演女優賞の快挙は達成なりませんでした。でも、相当の僅差だったはずです。

<ザルツブルク>
 作品の舞台となったザルツブルクの風景はとても美しく、特にオープニングでジュリー・アンドリュースが「The Sound Of Music」を歌うアルプスの風景は絶景です。
映画が世界中で大ヒットしたので、ザルツブルクに多くの観光客を誘う要素のひとつとなっています。いくつかの旅行者が「サウンド・オブ・ミュージック・ツアー」を実施しているので、ザルツブルクへ訪れる方は利用されると良いでしょう。

 オーストリアという国の扱い方が、オーストリア人には受け入れられないだろうという判断から、この作品はオーストリアではあまり上映されていません。オーストリアを舞台とした「第三の男」と同様の扱いですね。

<トラップ大佐>
 クリストファー・プラマー演じるトラップ大佐は、史実で少佐です。
彼はオーストリア海軍の英雄として有名な人物でありました。第一世界大戦中にも多くの武勲をあげています。オーストリア敗戦の際には、日英同盟の絡みで地中海方面に展開させられていた日本海軍が、トラップ少佐の武装解除をしたと伝えられています。なぜ日本海軍が地中海へ?という疑問があると思いますが、軍事同盟とはそういうものです。

<マーニ・ニクソン>
 作品で尼僧の一人を演じたマーニ・ニクソンは、有名な吹き替え歌手です。
ミュージカル映画で歌うレベルに達していない主役の女優に代わり、彼女が歌うわけです。有名なところでは「王様と私」のデボラ・カー、「ウエスト・サイド物語」のナタリー・ウッドがあります。

 最も有名な吹き替えは、「マイ・フェア・レディ」のオードリー・ヘップバーンです。「マイ・フェア・レディ」はミュージカルとしてだけでなく、作品としての評価も高かいのですが、主演女優のオードリー・ヘップバーンはノミネートもされていません。作品賞と監督賞、そして主演男優賞は「マイ・フェア・レディ」に輝いたにも関わらず、です。皮肉なことに、この年の主演女優賞は、舞台で「マイ・フェア・レディ」の主役を演じたジュリー・アンドリュース(「メリー・ポピンズ」)に輝きました。

<この映画のDVDはこちらで購入できます>


<サントラをYouTubeで試聴する>


「サウンド・オブ・ミュージック」(1965) The Sound Of Music
監督:ロバート・ワイズ
作曲:リチャード・ロジャース
出演:ジュリー・アンドリュース/クリストファー・プラマー/エリアノ・パーカー/リチャード・ヘイドン/マーニ・ニクソン

「ミッドナイト・エクスプレス」は深夜特急のことではない

今回ご紹介する作品は「ミッドナイト・エクスプレス」です。

023ミッドナイト・エクスプレス

 イスタンブールの刑務所から脱走するアメリカ人青年の実話を基にした作品です。
「え、犯罪者の映画じゃないですか?」って、まあ、その通りです。犯罪者といっても大麻の密輸で捕まる間抜けな若者です。その若者が裁判のやり直しなどもあり、お世辞にも快適とは言えない刑務所で不当に長い刑を過ごす羽目になる話です。
「ミッドナイト・エクスプレス(深夜急行)に乗る」というのは、刑務所からの脱走を意味する隠語です。「特急」に乗ることの意味でもありません。

 この作品を非難する方は日本には数多いです。
ネット上にも溢れています。この勘違い論評は、大きな事実誤認と勘違いから出ているものなので、救いようがありません。事実誤認については、最後に書きます。

<サウンドトラックは美しい>
 設定は重く、デートで観に行くような作品ではありません。
つらい刑務所での日々の中にあるオアシスのような瞬間のシークエンスでかかる「Midnght Express Love's Theme」をここではご紹介しますが、作品の内容とは大きくかけ離れる曲です。

 メインテーマである「Theme from Midnight Express」には、インストルメンタルとボーカルのバージョンがあります。こちらも名曲だとは思いますが、寡聞にしてあまりカバーバージョンを聞いたことがありません。
 これらの作曲を手掛けたジョルジオ・モロダーは、見事に第51回アカデミー作曲賞に輝いています。アカデミー脚色賞も受賞していますが、受賞者はオリバー・ストーンです。

<トルコでの撮影>
 あまりにもトルコの扱い方がひどいということで、地上波での放送が打ち切りになったという逸話があります。
が、なんとこの映画はイスタンブールでの撮影を敢行しています。おそらくラストのシークエンスもその一部だと思います。完全にだまし討ちの撮影だとは思いますが(笑)。

 実話を基にしているとはいえ、脚色が大胆(だから脚色賞受賞?)であるため、原作者のビリー・ヘイズも後にトルコで謝罪をしているとか。一番悪いのは、大麻を持って国境を越えようとしたあなたですからねえ....

 ところでトルコ政府の意図とは裏腹に、この作品を観た私はトルコ、とりわけイスタンブールへの旅行を夢見るようになりました。残念ながらまだ夢は実現していませんが、私の中東マニア旅の入門となった作品でもあります。また「大麻には生涯手を出すまい」とも作品を観てから誓ったものです。

<事実誤認>
 ここでいくつかの作品及び一般的な事実誤認について触れさせて下さい。

 ひとつは大麻と麻薬を混同している点。空港のタラップで主人公が逮捕されたときに腹に巻いていたものを「麻薬」と思い込んでいるようですが、あれは「大麻」です。多くの国では麻薬を取り締まる法律から「大麻」を除外しています。日本でも同様です。大麻取締法は初犯の場合は執行猶予付となることが多いですが、麻薬取締法はまず執行猶予はつきません。そもそも主人公が隠し持っているものを「麻薬」と断罪する時点で、無知を晒しています。

 「それでも犯罪者だろ」というツッコミがあちこちから聞こえてきそうですが、ちょっと待って下さい。彼がイスタンブール空港で逮捕された1970年は、アメリカの多くの州では大麻の単純所持では逮捕されません。法律では禁止されていたのですが、法の執行をしなかったという意味です。世界中に広がったヒッピームーブメントの常識では、彼は犯罪者ではないのです。うるさくなったのは、レーガンが大統領になり、嫁のナンシーはキャンペーンをはじめてからです。

 また主人公のアメリカ人をヒーローチックに描いているという批評がありますが、その論理だとローマ帝国に死刑にされたキリストを崇拝する宗教は邪教だし、アメリカの艦隊に突っ込んでいった特攻隊員は、暴走族と変わらないという主張と同じです。大量の大麻を所持していたので、救いようがないよね、というオチはあるのですが(笑)。それにしても、反イスラム映画という位置づけをしていた批評もあったことには驚きました。現在の常識で全てを断罪してはなりませぬ。

 もうひとつ。実際のビリー・ヘイズは看守を殺してはいません。


<この映画のDVDはこちらから購入できます>


<サントラをYouTubeで試聴する>


「ミッドナイト・エクスプレス」(1978) Midnight Express
監督:アラン・パーカー
作曲:ジョルジオ・モロダー
出演:ブラッド・デイヴィス/アイリーン・ミラクル/ジョン・ハート/ランディ・クエイド


「ダブ」を観て嫉妬心を抑えることを学ぶ

今回ご紹介する作品は「THE DOVE(ダブ)」です。

022ダブ


 「ヨットで世界一周」の冒険記です。原作は単独最年少世界一周を目指した少年の航海記。
「ダブ」というのは、彼の旅の友であるヨットの名前です。
原作の日本語訳は「ダブ号の冒険」という名前で出版されています。寄港先でのカルチャーショックや女性との出会いなど、単なる海洋冒険記に留まらないこの作品は、隠れた逸品と言えると思います。

 主役を演じるのは、ジョセフ・ボトムズ。
兄弟4人が俳優になったボトムズ兄弟の次男坊です。とは言っても、役者として成功したのは長兄のティモシーだけなのは、ちょっと残念なところです。

<夏の風に乗ってセイリング>
 サウンドトラックはジョン・バリーが作曲しています。
今回ご紹介する「The Dove (Main Title)」は、荒れる海と穏やかな海を交互に表現する曲です。
この曲は間違いなくジョン・バリーの最高傑作のひとつです。「ザ・ディープ」ではダイバーが海を漂う雰囲気を見事に再現していますが・・・もう一曲。
ゴールデングローブ賞ノミネートどまりではありますが、リン・ポールが歌う「Sail The Summer Winds」にも触れないわけにはいかないでしょう。彼女の声はまさにこの作品のためにあるかのようです。是非とも作品を鑑賞してご確認下さい。

<デボラ・ラフィン>
 ヒロイン役のデボラ・ラフィンはとても美しい女性でした。
この作品のプロデューサーだったグレゴリー・ペックが、「デボラ・ラフィンを大スターにする」と猛プッシュしていたのですが、映画の出演はあまり多くなく、日本のファンにとっては忘れられた存在に近い女優となってしまいました。
残念ながら彼女は活躍の場をテレビに移したこともあり、映画では作品に恵まれませんでした。
まあ「大スターにする」と豪語していた方が「稀代のイモ役者」と言われていた方でしたので、仕方ないかも知れません(誤解なきように。私はグレゴリー・ペックは好きですよ)。
もっと残念なことに、2012年に彼女は亡くなっています。まだ59歳でした。
Wikipediaに掲載されている彼女の写真には悪意を感じるので、もっと美しい写真http://www.imdb.com/name/nm0706298/ でご覧下さい。

<僕らは逃げていないだろうか?>
 ヨットで世界一周なんて、男であればやってみたいことのひとつでしょう。
この作品の主人公は10代でその旅に出ます。さて、彼は社会に責任のない10代だったから、あるいは家が豊かだったから、この冒険に出られたのか。もしそうならば、僕らも同じ環境にいたら、冒険ができたでしょうか。

 社会人になると、こんな冒険はできないと思う人がほとんどでしょうね。
でも生活に何の心配もなかったとしたら、冒険に出られるでしょうか。
東京都知事を務めた方が、太平洋単独無寄港横断を達成した堀江謙一氏を「無謀」と非難しました。堀江さんはこれに先立つ単独横断でも、日本の当局に「無謀」「密出国」と非難されましたが、単独横断が成功してアメリカで大歓迎を受けると、手のひらを返すように親切にしたそうです。冒険はしないまでも、僕らは前例のない冒険者たちの足を引っ張るような言動(これを嫉妬と言います)は避けたいものです。



<サントラをYouTubeで試聴する>



「ダブ」(1975) The Dove
監督:チャールズ・ジャロット
作曲:ジョン・バリー
出演:ジョセフ・ボトムズ/デボラ・ラフィン

「荒野の用心棒」でパクリの長短を理解する

今回ご紹介する作品は「荒野の用心棒」です。

021荒野の用心棒

 日本ではマカロニ・ウエスタン、海外ではスパゲティ・ウエスタンと呼ばれるカテゴリー。
多くはイタリア製の西部劇で、この作品もそれらの初期の作品のひとつです。
監督のセルジオ・レオーネは本作品を含めて2本のスパゲティ・ウエスタンを取り終えたあと、活躍の場をアメリカへ移します。

 邦題が示す通り、あらすじは黒沢明の「用心棒」のパクリです。
「いやー、おおらかな時代だったんだね」と感心された方、間違いです。裁判の結果、東宝サイドへしっかりペナルティを払わされています(笑)。
 パクリ映画ではありますが、クリント・イーストウッドをスターダムにひきあげるきっかけとなったという意味では、映画界への貢献は大きいと言えるでしょう。なによりも能天気で面白い映画です。

<さすらいの口笛〜Titoli>
 スパゲティ・ウエスタンは「なんちゃってウエスタン」であり、いかにもアメリカ製という雰囲気を出すために、監督を含めたスタッフやキャストらは英語の名前を使っています。
本作もその例外でなく、監督のセルジオ・レオーネも作曲のエンニオ・モリコーネも芸名(?)でタイトルバックに表示されます。
2人のコンビの第1作となった本作品ですが、セルジオ・レオーネの他のスパゲティ・ウエスタン(「夕陽のガンマン」「続・荒野の用心棒」)をはじめ、多くの作品でコンビを組んでいます。

 この「Titoli」は口笛の音を目を瞑って聞いて下さい。
荒野の映像が浮かんできます。鞭の音でリズムを取る斬新なスタイルは、それまでの(アメリカ製の)ウエスタンにはありません(多分)。下品と思った良心派もいたと聞いていますが、間違いなく名曲と言えるスコアです。

<スパゲッティ・ウエスタン>
 1960年代に入ると、アメリカ製の西部劇は峠を越し始めました。
映画の中身も少しずつ変化を見せます。「リバティ・バランスを射った男」や「西部開拓史」など、ガンファイトがストーリーの中心ではなくなっていく傾向があらわれます。
スパゲティ・ウエスタンはオーソドックスなウエスタンの手法を取りつつ、主人公の設定に凝るのですが、ジャンルとしての寿命は5年程度(60年代半ば〜70年前後)と短命に終わります。そしてこれと呼応するかのように、アメリカ本国でのウエスタンもフェードアウトしていきます。

 今でも年に何本か細々と製作されるウエスタンですが、ケヴィン・コスナーと並んで中心的な役割を果たしているのがクリント・イーストウッドです。
映画に愛をこめて。

<この映画のDVDはこちらで購入できます>


<サントラをYouTubeで試聴する>



「荒野の用心棒」(1965) A Fistful of Dollars(1 Per Un Pugno Di Dollari )
監督:セルジオ・レオーネ
作曲:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド/ジャン・マリア・ヴォロンテ

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。